〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138

辻岡 哲夫

 教員のホームページへ   教員のFacebookへ   教員のGoogleカレンダへ

略歴

1992年電気通信大学電気通信工学部電子工学科卒業。 1994年大阪市立大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程了。その後、日本電信電話(株)光ネットワークシステム研究所に入所。この間、衛星通信路における多次元符号化変調、光直交符号(CDM)、および超高速メディア転送システムに関する実用化研究に従事。2000年より大阪市立大学工学部情報工学科助手、現在同大学院工学研究科准教授。IEEE,IEICE,ITヘルスケア学会各会員。IEICEフェロー。博士(工学)。

研究課題

柔軟な無線通信方式/光通信方式、使いやすいWebデータベースシステム、生活の役に立つ通信システム装置の研究開発

研究概要

上記の研究課題のうち、ここでは「生活の役に立つ通信システム装置の研究開発」について説明します。通信は重要なインフラの一つですが、未だに「人と人」あるいは「人とサーバ装置」での利用がほとんどです。今後は、人の操作を介さない「物と物の通信」を一層高度化させることが重要です。例えば、健康監視システムを構築すれば、サーバが無線通信ネットワークを利用して情報を収集し、24時間、生活を見守ることができるようになります。このような通信技術の応用によって、人が意識しなくとも生活が豊かになっている、健康が維持できるようになった、安心できるといった効果が得られる通信システム装置の研究開発を行っています。

領域プロジェクト

外部予算

  • リージョナルネットワーク機器開発(民間共同研究)
  • 高温高湿度の高度利用のための湿度測定(科研費)
  • Webデータベースシステムに関する研究(寄附金)
  • 近距離無線タグシステム(民間共同研究)
  • 高耐久性多孔質セラミックス素子(民間共同研究)

学内研究機構

学会

  • 電子情報通信学会 情報理論研究専門委員会 委員(~2016年5月)
  • 電子情報通信学会 技報電子化検討ワーキンググループ 委員

 Go Facebook

biography

Tetsuo Tsujioka was born in Osaka, Japan, in 1968. He received the B. E. degree from University of Electro-Communications in Tokyo in 1992, and the M. E. and D. E. degrees from Osaka City University in 1994 and 2003, respectively. From 1994 to 2000, he was with the NTT Optical Network Systems Laboratories and Network Innovation Laboratories in Japan. Currently, he is an associate professor at Osaka City University. His technical interests include computer networking, channel coding, modulations, integrated wireless communication systems, web databases, and so on. He is a member of the IEEE and Japan association of applied IT healthcare, and a fellow of the IEICE.

Research Topics

Flexible wireless/optical communication systems, useful web database systems, communication systems supporting integrated human life, and so on.

Current Research Projects